Scroll Down
scroll
prev
01/03
next

加美町の魅力 : 「音」、「農」、「食」

加美町の魅力・食

豊かな自然がもたらす多彩な地場産品、
高い評価を受ける地酒に地ビール、
食は加美町の欠かせぬ魅力です。

船形山系から湧き出る豊富で清らかな水流と肥沃な大地を背景に、米をはじめとして育まれる多様な農産物。これらのバックグラウンドを持つ加美町だけにその食文化もまた豊か。清流・鳴瀬川を代表する名物アユや、水の恵みを最大限に生かして3つの酒蔵が行う伝統の酒づくりに加え、国際ビール大賞金賞の地ビール「やくらいビール」はファンも多く、確かなブランドとなっています。さらには、「うめぇがすと鍋まつり」など食をテーマにしたイベントも盛ん。自然の恵みを享受し、皆で楽しむ風土が加美町に築かれています。

豊富な天然水でつくられる
極上の地酒と地ビール

加美町が誇る清らかな水と良質な米。この素晴らしい恵みを生かして3つの酒蔵が先人たちから蓄積された経験と伝統を基に、さらに磨きをかけ続けた酒づくりを行っています。江戸時代は寛政年間に端を発し、「真鶴」等で知られる田中酒造店。米は手磨ぎ、昔ながらの和釜、こしきを使った手づくりの製法にこだわる、「鳴瀬川」「夢幻」等の中勇酒造店。医食同源をコンセプトに農薬を使わない有機米を使っての酒づくりを行う、「わしが國」等の山和酒造店。いずれも特徴のある酒づくりで、確かなファンから強く愛されている酒蔵です。

そして、地酒ばかりではなく、地ビール「やくらいビール」もまた綺麗な水の恵みを生かしてつくられています。荒沢の自然水を原料に、米、コーンスターチ等を使用せず、ドイツ産麦芽のみ100%で醸造される本格ビールは高い評価を受けており、日本地ビール協会主催の国際ビール大賞で最高賞の金賞を受賞したこともあるほど。東日本大震災後には岡山大学と共同開発した「復興エール」をラインナップに加え、そのブランド力をますます高めています。

高い評価を受けるやくらいビール

清流が育んだ命の恵み
多彩なアユ料理と加工品

鳴瀬川をはじめ、町を流れる田川、保野川、花川などに棲むアユは、町魚でもあり、加美町を代表する名物のひとつ。アユは清流の女王とも称されるように、綺麗な川に棲むとされる川魚であり、アユが産卵期に川を上ってくることはまさに加美町の川に清らかな水が流れている証明です。「あゆの里物産館」をはじめとした、新鮮なアユを塩焼きや田楽などの料理で楽しむことができる店もあることに加えて、塩辛、甘露煮、一夜干し、焼き干しなどの加工品の製造・販売も行われています。

2015年からは鮎釣りが解禁される7月に「鳴瀬川 KAMI CUP 鮎釣りトーナメント」も開催され、県内はもちろん県外からも多くの鮎釣り愛好者が参加。参加者以外の方たちも楽しめるよう、魚のつかみ取りなども実施し、町の賑わいづくりにも一役買っています。
また、川をさらに遡った上流ではヤマメやイワナも棲息し、天然のニジマスが棲む流域も。豊かな自然がもたらす命の恵みは、加美町の食文化にも大きな彩りを与えています。

アユが上る清流・鳴瀬川

恒例行事「うめぇがすと鍋まつり」など
食を楽しむイベントが盛りだくさん

加美町自慢の豊富な農産物や山の幸、郷土料理などがまとめて楽しめるのが冬の風物詩として、毎年2月に開催される「うめぇがすと鍋まつりin加美」。各地区の商店街など20を超える団体が地盤産品をふんだんに使った個性的な創作鍋を販売する催しは、町外からも大勢のファンが訪れ行列をつくるのが恒例。この日には、町内の3つの酒蔵では酒蔵訪問会も実施され、絞りたての日本酒も味わえる、まさに加美町の食を満喫できるイベントです。

みんなで集まって食べるから楽しい!

また、収穫の秋に行われる「加美町秋まつり」は、元々合併前の個別に行われていた各地区、各団体のお祭りが一堂に会するだけに、大きな盛り上がりを見せます。その中でも、「食の文化祭」は我が家の家庭料理大集合を元々のテーマとしており、加美町に伝わる郷土料理が展示され、たくさんの料理が振る舞われます。
他にも、加美町産牛の焼肉を味わう「べごっこまつり」など、加美町には食をメインテーマとしたイベントが多数。皆で集まり賑やかに楽しむ食文化も加美町に根づく文化そのものです。

焼き肉で大満足なべごっこまつり